できてしまったシミやシワは、簡単には消すことができません。

完成したシミ、深く刻まれたシワとなると、美容皮膚科で手術しないと治せない場合もありますね。

まだ、深刻な肌状態にまでなっていない40代のうちにエイジングケアを始めた方が良いですね。

同時に、肌老化を進めてしまう紫外線対策も重要なエイジングケアになります。

紫外線は生まれた瞬間から、ずっと浴び続けています。

肌は長年かけて少しずつダメージを受けて体内に蓄積されています。

40代になると、コラーゲン生成力が衰えたり、肌の表皮で保湿を担っているセラミドが減少したり、身体の機能が急激に低下し蓄積されたダメージが肌に現れてくるんですね。

美容液などで美容成分を補給してエイジングケアをすることはもちろんですが、肌ダメージの一番の原因である紫外線対策をキッチリすることも肌老化を防ぐために大事になります。

できてしまったら治しにくいシミやシワの原因をブロックしてシミ予防シワ予防をしなくちゃいけないですね!

紫外線対策と聞くと日焼け止めを塗っておくことと思いがちですが、顔の肌の紫外線対策はファンデーションを塗っておく方が良いです。

ファンデーションの色を出す顔料には、紫外線をカットする性質があるんです。最近のファンデーションには【SPF15・PA++】のように紫外線カットの値が表示されているモノが多くなりましたよね。

紫外線カットの成分は2種類あります。

紫外線吸収剤
紫外線散乱剤(紫外線反射材)

紫外線吸収剤は文字の通り紫外線を吸収しますが、吸収できる容量があるんです。紫外線吸収剤の日焼け止めは2時間おきくらいに塗り直さないと効果が持続しないんです。

その点、紫外線散乱剤は、紫外線をはね返してブロックするので、肌についていれば、ずっと紫外線をカットしてくれます。

ファンデーションの顔料は紫外線散乱剤なのでファンデが落ちない限り紫外線対策ができるんです。

ファンデーションの中でも特にパウダーファンデーションがおすすめです。

メイクが崩れてもファンデーションなら簡単につけ直しができるので、顔の肌の紫外線対策はパウダーファンデーションが最適です。

また、紫外線は夏だけでなく秋冬も降り注いでいますから、一年を通して紫外線対策をした方が良いですね。

室内なら大丈夫かというと、外にいるほどではないですが、紫外線はガラスを越して入ってくるので、家の中でも紫外線対策が必要です。