洗顔はエイジングケアの第一歩ってよく言われてますよね。

でも、案外、重要視していない方が多いのではないでしょうか。

とにかく、美容成分が配合された美容液やクリームをたっぷり使えば大丈夫!

高価な化粧品を使っているから大丈夫と思っている方もいるのでは・・・?

 
でも、どんなに高価な美容液を補給しても、肌が受け入れ態勢になっていないと肌にグングン吸いこんでくれないですよね。

洗顔で、肌表面の汚れや皮脂、古くなった角質をキレイに落としてあげないといけないんです。

kiso3

でも、ゴシゴシこすって落とすのは逆効果

肌をこすることが刺激になって、シミやシワの原因になるんです。

クレンジングや洗顔石鹸は、できるだけ肌をこすらずに汚れを落とせるものを選ぶことが肝心になってきます。

クレンジングは油分を含んだメイクを落とすために使うもので、スキンケアの中では一番肌に負担をかけてしまいます。

なので、素早く、1分以内に終わらせるのがコツです。

メイクを浮き上がらせることができていれば、その後の洗顔でキレイに落ちるので、少々残っていてもOKです。

メイクをしていないときはクレンジングは不要ですし、パウダーファンデーションなら、油分を含んでいないので、メイクしててもクレンジングは不要です!

なので、外出しない日は、パウダーファンデだけにしておくのも肌に負担がなくて良いですね。

それなら、ノーメイクの方が良いのではって思いますよね。

でも、ファンデーションには紫外線カットの成分が含まれているので、ファンデを付けておくだけで日焼け止めになりますから、家にいる時もファンデだけは付けておく方が良いんです。

紫外線は肌老化の一番の原因ですものね!

紫外線は一年中浴びているのでファンデーションでガードするのが一番良いと思います。

クレンジングでメイクオフしたら洗顔石けんで皮脂や汚れを落とします。

石けん洗顔もこすりすぎはダメ!

泡を手と肌の間のクッション材にして、手で直接肌を擦らずに洗える石けんが良いです。

泡立ちの成分は界面活性剤ですが、固形石鹸に使われる石けん成分は水に触れるとすぐに界面活性力を失う性質があります。

洗顔フォームの界面活性剤は合成界面活性剤が使われていて、洗浄力が強すぎるモノもあるので、固形石鹸の方が無難なんだそうです。

最近では、界面活性剤を全く配合していない洗顔料もあって良さそうだったので、お試しセットを注文しました。

使ってみて使用感と一緒に紹介したいと思います。

ダラダラと書いてしまったので要点をまとめます。

・洗顔は洗顔料を使って朝晩2回
・油性のメイクはクレンジングで落とす
・クレンジングは1分内にサッと済ます
・洗顔はこすりすぎないこと
・泡をクッションにしてやさしく洗う
・ぬるま湯でしっかりすすぐ
・タオルで押さえる感じで水分をとる

洗顔上手になって肌老化を食い止めましょうね!