オールインワン化粧品は、安くて簡単にエイジングケアができるので大人気ですよね。

TVCMでも色んな商品が宣伝されていて家事や仕事、子育てに忙しい30代・40代の女性に特に人気があるようです。

オールインワン化粧品の人気は、たった1本でスキンケアが完了と時短&簡単お手入れができるのとライン化粧品に比べて、ずいぶんコスパが良いことです。

これは大きなメリットですが、デメリットもないわけではありません。自分の肌に合うかどうかでデメリット部分は問題なくなりますけどね。

オールインワンゲルのメリット

 
・スキンケア代が安い
・お手入れが1ステップで簡単

オールインワン化粧品のメリットは、この2点に尽きますね。

日本で一番売れているオールインワンゲルでも一ヶ月あたりのスキンケア代は5,000円以下に抑えることができます。

ファッションや遊びも楽しみたい、子どもの教育費にお金がかかる、住宅ローン支払い中で余裕がない、など、スキンケア代を安くしたい方にとって、オールインワンは
救世主的な基礎化粧品ですよね。

また、オールインワン化粧品の殆どが、エイジングケアを主に美容成分を配合しているので安くエイジングケアしたい方にはおすすめです。

たった1本でスキンケアが完了するのも忙しい女性にとって時短できるので嬉しいところです。

1ステップのスキンケアなのでお肌に触る回数が少ないこともオールインワン化粧品のメリットです。

お肌は触れば触るほど肌刺激になってしまうので、シミやシワの原因になります。

触る回数、こする回数をできるだけ減らすことがエイジングエアでは重要になってきます。

そういう点もオールインワンはエイジングケアに良いですね。

オールインワンゲルは美容成分を多種類配合しているのでつけた時にベタつきを感じることが多いですが、あとでメイクをするときは、肌に浸透してなじむまで、
10分~20分ほど時間をおくとファンデーションがつけやすくなります。

朝起きたら一番に、洗顔とオールインワンゲルでお肌を整えておくとメイクが楽です。

オールインワンゲルのデメリット

美容成分がいっぱい入っていて安くて簡単で、言うことなし!

デメリットなんか無いように思いますよね!

・美容成分が多種類入っている
・ベタつきやモロモロが出る

オールインワンのデメリットはこの2つ位かな・・・

美容成分が多種類入っているのはメリットのように思いますけど、深刻な肌トラブルを集中ケアしたい方にとってはデメリットになります。

美容成分を多種類配合すると一つひとつの美容成分の配合量は少なくなってしまいます。

ある程度以上の配合量がないと効果を発揮しない成分もあるので、オールインワンタイプだとポイントケアには弱いんです。

このシミを、このシワを、と集中ケアしたい場合には、あまり効果は期待できないんです。

また、オールインワン化粧品は、化粧水、乳液、クリーム、下地、日焼け止め、パックなどなど全てを1つに凝縮していますが、美容成分は水分に混ぜやすいもの、油分に混ぜやすいものに分かれます。

化粧水に混ぜやすい成分とクリームに混ぜやい成分をごちゃ混ぜに配合するので、混ざりやすいように乳化剤などの界面活性剤も多く配合するようになります。

オールインワンは性質が違う美容成分を混ぜ合わせるので、時間とお金をかけて研究開発に取り組んで作られた化粧品を選びたいですね。

当然ながら、人気のオールインワンゲルは、売れているだけあって研究開発もされている良品が多いです。

私は集中ケアしたいのでライン化粧品を厳選中なのですが、オールインワンゲルは元々が安いですし、キャンペーンとか利用するとさらに安く買えるので、お試し購入してます。

そんなにたくさん買ってどうるすの?って思うでしょ!?

実は、夫や子どもも使ってるんです。特に、秋冬は肌が乾燥するでしょ。お肌の乾燥は男性も同じなんです。

夫は、ドラッグストアでハンドクリーム買ってきて顔にも付けていたので、こっちにしたらってことで、私が買ったオールインワンを使うようになっちゃいました。

おっ!コレいいなぁって使ってます(笑)