メイクをしていたら、クレンジングで落としますよね。

パウダーファンデーションのように油分を含まないモノだけつけている時は、洗顔石けんだけでも落とせますけど、アイメイクなどのポイントメイクをしていたら、クレンジングが必要ですね。

でも、クレンジングは、肌に一番負担をかけるスキンケアだってご存知ですか?

クレンジングの仕方を間違えると肌老化を早めてしまうんです。

油分を含んだメイクを浮かせるためにクレンジングには油分が含まれています。

油分が多いほどメイクはスルッと落ちやすいのですが、油分を多く配合すると、その油分を落とすために界面活性剤も多く配合されているんです。

界面活性剤は、肌に負担をかける成分なので、できるだけ避けたいですよね。

なので、クレンジングを選ぶときは多すぎず少なすぎないオイルを含んだモノを選ばないといけないんです。

また、クレンジングは、できるだけ肌をこすらないように手と肌の間のクッション材になるモノを選ぶことも大事です。

適度な硬さがあるクレンジングがベストなので、水分が多すぎないものを選ぶと良いそうです。

クレンジングは、色んなタイプがあるのですが、適度な油分と硬さがあるのは、クリームタイプか、乳化ジェルタイプです。

通販でクレンジングを購入する場合は、手に取って確かめることができないのでタイプで選ぶと失敗が少ないです。

クレンジングには、界面活性剤が含まれているので、長くお肌につけたままにしておくのは肌老化を進めてしまいます。

クレンジングのついでに、マッサージするのは、絶対ダメです。

クレンジングは、1分以内にサッと終わらせるのがポイントです。

油分を含んでいるので、すすいでもヌルヌルしていたりしますけど、あとの洗顔でキレイに落とせるので、こすりすぎないことが大事です。

スキンケアしているつもりが、逆に肌を傷めてしまうことにもなりかねません。

クレンジング材の選び方と、クレンジングの仕方はエイジングケアにとって大事ですね!