700-02

アトピー性皮膚炎で痒みや湿疹がひどい場合は病院へ行きますよね。

そして、処方されるのはステロイド剤です。

ステロイドはアトピーの特効薬といえるほど、痒みを緩和してくれるので常用するようになるんです。

でも、よく効く反面、副作用もありますね。

肌乾燥、かぶれ、色素沈着など肌にとって嬉しくない副作用です。

それでも掻き壊してキズになるよりマシだし、我慢できないほどの痒みは止めたいので、ステロイドに頼ってしまうんですよね。

ステロイドは、お医者さんの指示通りに使わないと副作用に悩むことになりますが、指示通り使っていても長年となると肌はボロボロになっていることも!

肌が乾燥しているのに、口元にニキビができやすかったりと不安定で化粧水がヒリヒリしみてしまうこともあるんです。

乾燥肌ケアをしたいのに肌に合う化粧品が見つけられず、ステロイドの副作用も重なってカサカサがひどくなるばかり・・・。

外側からケアできないなら内側からケア

 
敏感肌でデリケートな方、特にアトピー性皮膚などで肌がカサカサになった場合に身体の中からケアする植物性ラクトバチルス乳酸菌を主成分とするアレルナイトプラスが良いとのこと。

アレルナイトプラス

アトピーがひどく40年以上、痒みと全身やけどのような皮膚状態に悩んできた45才の女性がアレルナイトプラスの飲用で劇的に改善された体験談を聞く機会がありました。

彼女は、エイジングケアどころか、普通にスキンケアすることもできないほど肌状態がひどく、40年間ほどもステロイドに頼っていたそうです。

感動的な体験談だったのでご紹介しますね。

かゆみで夜はぐっすりと眠れず、眠っている間に無意識に体を掻きむしっていまい、血だらけ傷だらけを繰り返していたそうです。

ステロイド軟膏が特効薬だったので手放すことができず、薬に頼っていたそうですが、肌がボロボロで日焼けや人目が気になり外出もしなかったとのこと。

おしゃれもお化粧もできず、冬はとっくりセーター、夏でも長袖で肌を隠していたそうです。

息子さんも生まれつきのアトピーだったけれど、ステロイドの副作用を知っていたので息子は薬漬けにしたくなくて病院へも行かなかったと言われてました。

親子で血だらけ傷だらけだったので海やプールへ行くこともできず、追い詰められるような気持ちだったとのこと。

そんな彼女に転機が訪れたのは、アレルナイトプラスとの出会いだったんですって!

アレルナイトプラスを飲むと15分ほどで眠くなるので、夜の就寝前に飲むようにしたところ、夜中に目が覚めることもなくグッスリ眠れたんだそうです。

さらに、寝ている間に無意識に掻くことも激減したので、血だらけの掻きキズに悩むこともなくなったとのこと。

それまでは、お布団は毎年、掛け布団も敷布団も使い捨てしていたそうです。

アトピーで赤くなった肌がアレルナイトプラスを飲み始めて1ヶ月ほどで、少しずつツルツルになり、徐々にツルツルした部分が広がっていったとのこと。

アレルナイトプラス

今では身体全身すっかりキレイな肌になった彼女は、1日1本飲んでいたのを2日に1本でも大丈夫になり、今までできなかった、ホットヨガやエアロビクスなど汗をかくスポーツもできるようになったそうです。

なんと、マラソン大会にまで参加されたんですって!

嬉しそうにお話しされる彼女は、お化粧もできるようになったとのことで、襟ぐりが大きくあいた真っ白な洋服がお似合いでした。

アレルナイトプラスに出会ったおかげでバラ色の未来が見えてきたんだそうです。

そして、自分の事にもまして嬉しかったのは、アトピーの掻きキズで真っ黒な肌になっていた24才の息子さんも、肌がキレイなったことで仕事に就くことができたことだと。

息子さんのお話しをするときは、ほんとに嬉しそうでした。

公式サイト⇒アレルナイトプラス